EOS R5の高感度テスト!星空や飛行機の流し撮りなどしてきた!

購入前というより、発表時からすごく気になっていたEOS R5の高感度性能。

待つこと3ヶ月!やっとEOS R5が届いた!!
3ヶ月前に予約したEOS R5がやっと手元に届きました!早速試し撮りしてきたのですが、撮って出しがすごく綺麗!作例交えて魅力の一部をお伝えしたいと思います(^O^)/

画素数が4500万画素もあったら、高感度性能は大した期待できないんじゃない??と不安になってました!

とはいえ、発売後に様々なサイトでテストされているのを見ていて「ん?意外といいかも?」と思う様になったので自分でもテストをしてみました!

なかなかEOS R5で星撮ってる作例がないので参考になればと思います( ^ω^ )

スポンサーリンク

EOS R5は高感度も優秀!

早速使ってみてEOS R5の高感度性能はかなり優秀かも?と思いました!

夜の風景を手持ち撮影

友人達と星を撮りに行ったのですが、集合まで時間があったので少し寄り道をしてみました!

自分の中では今回テストなので、三脚は車に置いていき、カメラだけをもって夜の風景を撮影してみましたσ(^_^;)

山線鉄橋

Camera:Canon EOS R5 Lens:RF24-105mm F4L IS USM
焦点距離:85㎜ F値:F8 シャッタースピード:0.5秒 ISO:6400

Lrで多少のノイズリダクションはかけているものの、明るい写真でやるのと同じくらいのレベルでのノイズ除去でこんなノイズ感の少ない絵になります!

これなら高感度性能と手振れ補正使ってその辺で夜景撮影も手軽にできてしまいますね!

今のカメラどうなっちゃってるんでしょうσ(^_^;)笑

天の川の撮影

いつもなら感度上げすぎるとノイズ乗りまくるからあげたくないなぁと思う場面ですが、上限を知る意味でも色々やってみねばと星ではおそらく使ったことがない感度で撮影してみました!

支笏湖の星空

Camera:Canon EOS R5 Lens:Canon EF 16-35mm F4L IS USM
焦点距離:16㎜ F値:F4  シャッタースピード:25秒 ISO:8000

雲が多かったので雲が流れる様に秒数長めに、湖面には桟橋があるのでそれが見える様に高感度で撮影。

普段5Dで星を撮影する時はだいたいISO5000とかに設定することが多いのですが、それよりも少ないノイズで撮影できました!

4桁のISO感度は余裕みたいです( ̄▽ ̄)

ヒコーキの流し撮り

暗くなってからの飛行機撮影はすごく過酷です(・_・;

明かりがあればまだ良いかもしれませんが、明かりが当たらないのでシャッタースピードが稼げない、感度ゴリゴリあげて撮るしかないのです!

飛行機の流し撮り

Camera:Canon EOS R5 Lens:TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2
焦点距離:400㎜ F値:F5.6 シャッタースピード:1/25 ISO:12800

完全に日が落ちるとどうしようもなく暗いのですが、AFはしっかりと合う!

そしてLrでノイズ除去しているとはいえ5Dとかと比べても断然ノイズが少ないので除去量が少なくて済みます!

さらに、仮にノイズ除去を強力に掛けたとしても元の解像感が凄いのでディテールが残るというか塗り絵みたくなりづらい?様な気がします!

手持ち星空撮影

はい、これは完全にふざけました笑

常用感度での最高感度で撮ったらどうなるか気になったもので笑

手持ち星空撮影

Camera:Canon EOS R5 Lens:RF24-105mm F4L IS USM
焦点距離:24㎜ F値:F4 シャッタースピード:2秒 ISO:51200

流石にノイズ酷いですし、色むらも凄いことになってました!

これ、Lrでノイズ除去かなり強烈に入れてます笑

それでも消えないノイズ量、51200は使えない感度でした笑

まとめ

高画素機だから高感度弱いは今の時代あまり関係ないのかも?

そりゃ同じ世代の低画素機と比較したら弱いのかもしれませんが、12800がしっかり使える時点で全然いいような気がします!

25600とかを飛ばして51200でとってしまったので、中間もテストして上限値決めていきたいと思います(^O^)/

コメント