R3が正式発表!気になるスペックや魅力を考えてみた( ^ω^ )

今年の4月に開発発表されたR3が正式に発表になりました!

突如開発発表のEOS R3について考えてみた
数日前ですが、EOS R3の開発発表が行われました。 ちょっと前にはソニーでα1を出したりと、ここにきて各社ミラーレスのすごいの出してきててワクワクしますね! 今回のEOS R3も情報が全て出ているわけではないものの、今...

気になるスペックや魅力的な部分のお話をちょろっと書いていきたいと思います( ^ω^ )

スポンサーリンク

EOS R3

このボディ、フラッグシップじゃないの??と思ってしまう見た目してますよね??

EOS R3

CANONのHPより

縦グリップ一体型で演出もいかにもフラッグシップな雰囲気プンプン( ̄▽ ̄)

そんなEOS R3ですが、魅力的だったり気になる部分をまとめてみようと思います!

裏面照射積層CMOSセンサー

こればかりはめちゃくちゃ憧れます!

今回は2400万画素で出してきましたのでもともと高感度耐性高いでしょうが、裏面照射のセンサーはそもそも受光面積を増やすための技術なので、高感度の画質がよくなることが期待できます!

なので、1DXmarkIIIやR6などと比べて画素数は多いのに高感度耐性が上がったりするメリットがあったりするのでこのカメラで撮られた夜景や星空などの画像が作例として上がってくるの今から楽しみです( ^ω^ )

視線入力

これがどれだけ実用的なのかはわかりませんが、発表会上の感じではかなり良さげな動きしてました( ̄▽ ̄)

もし違和感なく動いてくれて思っているところにAFポイント動いてくれるなら、当然ですがジョイスティックでAFポイントを動かすよりも早くポイントを動かすことができると思います!

動き物を撮影する際にはすごく強い武器になりそうです(逆にじっくり撮るような風景などでは確認のために視線ずらすだけでAFポイントずれるので使いづらそうですが笑)

もちろん、視線入力を止めることもできるはずなので、風景で撮れないカメラということはないのでご安心ください笑

シャッタースピード

ソニーのα1が発表された時に必要か??と言っていた高速シャッターですが、EOS R3がα1を超えてきました( ̄▽ ̄)

ソニーのα1とEOS R5で比較してみた!
ソニーがフラッグシップミラーレスを発表致しました!私が使うEOS R5に似た性能と感じたため、簡単に比較してみました( ^ω^ )

1/32000ですら使う機会が思いつかなかった(そんな明るいレンズ持ってないってのもありますが笑)1/64000って何でしょうか??笑

段数にしたら1段なので大したことないですが1/8000までしか出ないカメラから比較すると3段分の違いがあるので明るいレンズで開放で晴天の時撮影するときとか必要になるのでしょうか??

HDR撮影

HDR撮影がEOS R3では0.02秒で撮れてしまうらしいです!

もう通常の撮影と変わらない速度で撮れるってことは手持ちでHDR撮影できるのでしょうか??

とはいえ、露出オーバーで撮る1枚はシャッタースピード伸びるだろうしその辺どういう感じになるのでしょうか??

いずれにしてもR5の12倍の速度でHDRが撮れてしまうってすごいです!って書いててアップルの性能表現のように感じてしまいました笑

瞳AF

ここも何やら強化されているみたいです!

実際EOS R5の瞳AFに不満はありませんが、マスクしている人物撮影をする際には瞳ではなく顔AFに代わることが多々あります!

マスクしていても瞳AFが離さない感じになってくれているのであればR5にも欲しいし、同じDIGIC Xで同じデュアルピクセルCMOS AF IIであればR5でもできそうだし、ファームアップで対応していただけませんか??CANONさん!笑

連写性能とブラックアウトフリー

これはすごいと思った点となんで??と思った点がありますσ(^_^;)

まずはすごい点としては秒速30枚の高速連写が可能なこと!

AFやAE追従させながらの30枚って動画のフレームレートレベルの連写性能は半端ないです!(α1でも秒速30枚撮れますがσ(^_^;)

そして、その連写中もブラックアウト(撮影中のコマとコマの間の何も見えなくなるタイミング)が無いってことは高速で動くものを連写しながら追うことができる(これもソニーのカメラはできませうが笑)

とはいえ秒速30枚やブラックアウトフリーは電子シャッター設定時なのですが、やっぱりメカシャッター使いたくないですか??

その時の連写性能は秒速12枚とR5と変わらないのです。(ブラックアウトもします)

ここ、ブラックアウトはしゃーないにしても連写はプラス2枚くらい行って欲しかったなーと少し残念に感じましたσ(^_^;)

動画性能

これは動画を撮る人には朗報なのではないでしょうか??

8Kは撮れませんが、6Kは撮れるみたいです!

そして、これまで一眼では一度に撮影可能な時間が30分までと謎の制限がかかっていたのですが、それが撤廃されてメモリカードやバッテリーの容量が一杯になるまで撮り続けることができるようです!

ちなみに、センサーの放熱性能も高いそうで、R5のように8Kを30分撮ったらクーリングタイムをかなりの時間設けなきゃいけないみたいなことはないそうです!?

そもそも30分回し続ける人がどれだけいるのかって感じてしまうのですが、カメラを止めるなみたいな映画があるくらいですし、回し続ける人って多いのかな??と思っていたら野鳥撮っている人で確かに動画回しっぱなしの人見たことあるの思い出したのでそういうところで長時間記録はニーズあるのかもしれませんね!

まとめ

EOS R3が発表になっていろいろ新しい技術が盛り込まれていてやっぱりカメラの発表会は楽しいと感じました( ̄▽ ̄)

私の使い方だとEOS R5の方が向いているのでR3を買うということは今のところ考えていませんが、間違いなく良いカメラではあるので、早く実機を触ってみたいです( ^ω^ )

次回?は同時に発表されたレンズについてお伝えしたいと思います(^ ^)

コメント