EOS R5が届いて1ヶ月!使ってみての感想とか色々?

待つこと約3ヶ月、ようやく届いたEOS R5はめちゃくちゃ待った気がしますが、使い始めての1ヶ月は秒で経った気がします笑

待つこと3ヶ月!やっとEOS R5が届いた!!
3ヶ月前に予約したEOS R5がやっと手元に届きました!早速試し撮りしてきたのですが、撮って出しがすごく綺麗!作例交えて魅力の一部をお伝えしたいと思います(^O^)/

とはいえ週末しか撮ってないものの、その間に5Dで撮ったのは一度しかないほどずっとR5を使ってます笑

すごく良いところ、そして今後についてもいろいろ考えさせられるカメラなのでまとめてみようかとおもました(*^ω^*)

スポンサーリンク

EOS R5はゲームチェンジャー?

ぶっちゃけ他のミラーレスをまともに使ったことがないので感覚でしかないですが、AF性能もさることながら写りと連写性能、高感度性能どれとってもすごいカメラとしか思えません!

これ、買ったからのプラセボとか思われるかもしれませんが、マジですごいと思います!

AF性能はレフ機以上?

正直買うまではゆーて5DのがAF性能いいやろ!思ってましたが、精度も速度もR5のが上行ってました(^_^)a

ヒコーキやスッキリしているところでの動物撮影なら多分R5の方がしっかり撮れてると思いますσ(^_^;)

フクロウ

Camera:Canon EOS R5 Lens:TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2
焦点距離:600㎜ F値:F6.3 シャッタースピード:1/1600 ISO:5000

ただしこういう枝とかが手前にあるとそっちに引っ張られる傾向が強く、ごちゃごちゃしているところではレフ機の方がまだ使いやすい印象はあります!

ちなみにこういうところではスポット1点で対応してますが、そうなるとコントラスト低い被写体だと抜けたりするので(クロスじゃないから?)やはり難しいシーンではレフ機の方が信頼性は高そうな印象です。

瞳AFについてもごちゃごちゃしているところだとそっちに持っていかれる傾向があり、モモンガの飛翔楽に撮れるかな??と思っていましたが多分難しそうです笑

高感度性能

高画素機なので(今の時代4500万画素は高画素ってほどではないかもですが)当然高感度は弱くなるんだろうなぁとか思ってましたが、これまでのカメラよりもむしろ良いくらい?

流石に1DXやD6などと比較してしまうと弱いのでしょうが、等倍で見なければノイズも気にならないほどの高感度性能があります!

支笏湖の星空

Camera:Canon EOS R5 Lens:Canon EF 16-35mm F4L IS USM
焦点距離:16㎜ F値:F4  シャッタースピード:25秒 ISO:8000

等倍で見るとノイズはそれなりにあるものの、全体像を見るとノイズが気になる!ってほどではないと思います!

高画素だからこそノイズを潰して目立たなくさせることができているということなのでしょう?

協調ISがすごすぎる!

これ一番感動しました!

というか私がEOS Rを買わずに我慢してた理由が俺がいずれ付くと思っていたから!

函館ベイエリア

Camera:Canon EOS R5 Lens:RF24-105mm F4L IS USM
焦点距離:24㎜ F値:F8 シャッタースピード:4秒 ISO:400

これが肘も付かずに仁王立ちのような格好で撮った4秒手持ち撮影ですが、手持ちとは思えないブレの少なさじゃないです??

高感度に強いクセに感度を上げずに手持ち撮影できるって矛盾感ありますがどんな撮り方もできてしまうような素晴らしいカメラと感じてますo(^▽^)o

解像感がすごい!

画素数が上がれば当然解像感も出るのでしょうが、とはいえそんなに変わるものとは思ってませんでした!

というか、おそらくR5のローパスが特殊らしく?ローパスレスほどではないにしろ解像感がそもそもあり、モアレがローパスで除去されているため解像感が素晴らしいのかと?

豊平峡ダム

Camera:Canon EOS R5 Lens:RF24-105mm F4L IS USM
焦点距離:70㎜ F値:F11 シャッタースピード:1/60 ISO:100

よく見ると葉っぱもすごく解像しており、EOS史上最高画質だか最高解像度だか忘れましたが、歌っている内容に間違いはなさそうです(*^ω^*)

止まらない連写

CFexpressを使うと本当に連写が止まらない!

なんならバッファが多いからバッファが詰まる前に連写を止めることが多く、SD使ってたとしても止まることがなさそうです笑

とはいえ、連写を長めにやってそこからバッファフリーになるまでが数秒なので、次の連写は1枚目からできるってすごいことだと思います!

今年はありませんでしたが、D1で飛び出してきた瞬間からコーナー侵入、出口のふりっ返しとかのシーンまで連写を途切れさせずずーっと撮れるって素敵な気がします!

そんなことやるとなると128GBのメモリカードでは足りなくなりそうですが笑

EOS R5だからこそのネガ

基本的に全てが良いカメラではあるものの、ネガティブポイントもあったりします(^_^)a

Rawデータが大きい

当然ですが、EOS R5のRawデータがこれまでの倍くらいになりましたσ(^_^;)

というのも、EOS 5D markIIIが2000万画素ちょっと、EOS R5が4500万画素と画素数が倍以上なのでデータ量も倍以上になるのは当たり前ですが、それにしてもこんなにもダメージを負うとは?

1番のダメージがLINEで写真を送れません笑

現像しても30MBほどとなり、LINEでは20MBまでと制限があるためそのままでは送れません。

なので、Lightroomで現像する際、20MB未満になるように設定して現像していたりしますσ(^_^;)

圧縮するとかなり重たい作業らしくなかなか現像が進みません!

なので、新しいMacbookProが欲しい笑

Appleシリコン「M1」搭載のMacBookProが気になる!
Appleシリコン「M1」搭載のMacBookProとMacBookAirが発表されました!どちらもすごく気になるMacBookですが、良くなりそうなところ、逆にこうなって欲しいところをまとめてみました_φ(・_・

さらに連写をするとすぐに5GB,10GB消費します!

メモリーカードが128もあれば余裕と思ってましたが、書き込み速度が早いことと連写速度が速いことの両方のせいでもう一つ容量の大きなもの用意が必要な気がしてますσ(^_^;)

流し撮りが難しい

レフ機であれば見た目のまま被写体が見えるので流し撮りしようと被写体を追うのが楽です!

ですが、ミラーレスでは昼間はフレームレート120FPS?で表示されるので違和感ないですが、夜は感覚20FPSくらい?とにかく遅くなるため、ファインダー内の被写体がすごくブレるのです(フレームレートが落ちているよりも露光時間が延びてる感じ)

飛行機の流し撮り

Camera:Canon EOS R5 Lens:TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2
焦点距離:400㎜ F値:F5.6 シャッタースピード:1/25 ISO:12800

この流し撮りの光の光線のようなものがファインダーの中で見えるのです!

レフ機と見え方が違うからというのもあるかと思いますが、両目で被写体が追えないと難しいような??

まとめ

EOS R5が想像以上に良かったので、どハマりしました!

なんなら同じ性能で高感度がより良いEOS R6をサブ機に迎え入れようかな?とか考えてたりもします笑

コメント